データポータル入門解説動画 日本語訳(Unit1)

このコンテンツは、Googleが「データポータル」の基礎学習コンテンツとして提供している「データポータル入門(原題:Introduction to Data Studio)・ユニット1」解説動画の音声を和訳したものです。

大切なことを解説するために動画をアップしていると思うのですが、いざYouTube標準の字幕を見ていても「もう何を言ってんのか理解不明、、、」というレベルだと思います(少なくとも私はそうでした)。

オリジナルの動画に訳文を入れてアップすることも考えましたが、そこまでやると間違いなく著作権に引っ掛かるので断念しました。字幕のクオリティにゲンナリして学習を断念した方は、参考にしてみて下さい。

このコンテンツの閲覧は、パソコンを推奨します(モバイルだと原文と訳文が横並びにならないため)。

 ※【注記】:基本的に翻訳内容をコピペしただけです。ご利用の際にはあくまで自己責任でお願いします。

Introduction to Data Studio: Unit 1 Lesson 1

原文(YouTube文字起こしを利用)

Data Studio is a data visualization platform.

It allows you to bring different sets of data into one place and transform that data into a useful report, and it's free!

You can choose from a variety of graphics, charts, and tables to bring your data to life.

This makes it easier to see the story behind your numbers, share findings with stakeholders, and collaborate with others.

Data Studio lives in the cloud, so you or anyone you choose can see your reports -- whenever they want from any web-connected device.

When building your report, you can choose a template or, if you're feeling creative, design your own from scratch.

Editing reports is easy; simply insert and drag charts, then edit the charts using data filters and formatting options.

You can also add design components such as text, shapes, and images to brand your reports, tell a compelling story, and communicate different goals.

Data studio can load data from a variety of different systems such as Google Analytics, Google Sheets, MySQL, CSV files, Google Ads, and more.

Developers can even create custom data connections for their own platforms.

Once you've connected data to Data Studio, your reports will dynamically update if the data changes, which means you don't have to manually re-upload or re-enter it.

You can use Data Studio to go beyond simple reporting of facts and figures; for example, you can use reports to create interactive product catalogs, build video libraries, integrate content from other websites, or embed data studio reports into your own website.

Data Studio: Easy, free, customizable data visualization, whatever your business needs.

訳文(Google 翻訳を利用)

Data Studioは、データ視覚化プラットフォームです。

さまざまなデータセットを1つの場所にまとめて、そのデータを有用なレポートに変換できます。無料です。

さまざまなグラフィック、チャート、および表から選択して、データに命を吹き込むことができます。

これにより、番号の背後にあるストーリーを確認したり、調査結果を関係者と共有したり、他の人と共同作業したりすることが容易になります。

Data Studioはクラウドに存在するため、Webに接続されたデバイスからいつでも、あなたまたは選択した誰でもレポートを表示できます。

レポートを作成するときに、テンプレートを選択するか、創造性を感じている場合は、独自のテンプレートを最初からデザインすることができます。

レポートの編集は簡単です。グラフを挿入してドラッグし、データフィルターと書式設定オプションを使用してグラフを編集するだけです。

また、テキスト、図形、画像などのデザインコンポーネントを追加して、レポートにブランドを付けたり、説得力のあるストーリーを伝えたり、さまざまな目標を伝えたりすることもできます。

データスタジオは、Googleアナリティクス、Googleスプレッドシート、MySQL、CSVファイル、Google広告などのさまざまなシステムからデータを読み込むことができます。

開発者は、独自のプラットフォーム用にカスタムデータ接続を作成することもできます。

データをDataStudioに接続すると、データが変更された場合にレポートが動的に更新されます。つまり、手動でデータを再アップロードしたり、再入力したりする必要はありません。

Data Studioを使用すると、事実や数値の単純なレポートを超えることができます。たとえば、レポートを使用して、インタラクティブな製品カタログを作成したり、ビデオライブラリを構築したり、他のWebサイトのコンテンツを統合したり、データスタジオレポートを自分のWebサイトに埋め込んだりできます。

データスタジオ:ビジネスのニーズに関係なく、簡単で無料のカスタマイズ可能なデータ視覚化。

Introduction to Data Studio: Unit 1 Lesson 2

原文(YouTube文字起こしを利用)

To create a report, start by deciding what data you'd like to visualize.

It could be information you've collected in a spreadsheet like Google Sheets, data from an online platform like Google Analytics or Ads, or a MySQL custom dataset.

With your information chosen, you'll set up what's called a data source in data studio. A data source is Data Studio's representation of your underlying data.

It lets you decide exactly which data you'd like to visualize and who can view it. To set up a data source, you'll choose a connector.

Connectors act like pipes that connect Data Studio to your data set of choice.

First, you choose the connector that matches your type of data set.

Next, you authorize Data Studio to access that data.
After you've connected to your data, metrics and dimensions will appear in the data source so you can choose which data you'd like to visualize and how it should appear in Data Studio reports.

The data source connection ensures that any changes to the underlying data set will be reflected in your Data Studio reports.

A report is basically a blank canvas -- the area in Data Studio where you'll create the visualization of your data.

Reports can be one or several pages, and using multiple pages can help you organize your reports in logical ways.

Each can include a variety of components, such as graphics and charts.

Data Studio has plenty of charts to choose from, such as time series, bar charts, geo maps, and more.

When you add a chart to your report, it's automatically created with data from your data source.

Different data fields will be displayed depending on the type of chart you've chosen. For example, a time series shows a graph of how data changes over time, while a map includes geographic dimensions, if they're available in your data source.

From there, you can tweak exactly what data is shown and customize the chart's design.

You can even switch chart types on the fly to see which best illustrates your data.

You can take your reports to the next level with custom text, images, videos, or even embed content from other websites.

You can add interactive controls to your report so anyone viewing it can filter what data they're seeing.

You can also add a date range selector, which lets viewers see information from within a specific month or season.

So there you have it: With your connected data, powerful charts, and viewer controls, you'll have an automatically updating, interactive report, which makes it easy to view and share the most relevant data.

訳文(DeepL 翻訳を利用)

レポートを作成するには、まず、可視化したいデータを決めることから始めます。

それは、Google Sheetsのようなスプレッドシートで収集した情報、Google AnalyticsやAdsのようなオンラインプラットフォームからのデータ、またはMySQLのカスタムデータセットである可能性があります。

情報を選択したら、データスタジオでデータソースと呼ばれるものを設定します。データソースは、基礎となるデータをデータスタジオで表現したものです。

これにより、どのデータを可視化し、誰が表示できるかを正確に決定することができます。データ ソースを設定するには、コネクタを選択します。

コネクタは、Data Studio を選択したデータ セットに接続するパイプのようなものです。

まず、データ・セットのタイプに一致するコネクタを選択します。

次に、Data Studio にそのデータへのアクセスを許可します。
データに接続すると、メトリクスとディメンジョンがデータ・ソースに表示されるので、可視化したいデータを選択して、Data Studio のレポートにどのように表示するかを選択できます。

データ・ソースの接続により、基礎となるデータ・セットに変更があっても、Data Studio レポートに反映されます。

レポートは、基本的には空白のキャンバスで、Data Studioでデータの可視化を作成する領域です。

レポートは1ページまたは数ページにすることができ、複数のページを使用することで、レポートを論理的に整理することができます。

それぞれのページには、グラフィックやチャートなど、さまざまなコンポーネントを含めることができます。

Data Studioには、時系列、棒グラフ、ジオマップなど、豊富なチャートが用意されています。

レポートにチャートを追加すると、データソースからのデータで自動的に作成されます。

選択したチャートのタイプに応じて、異なるデータフィールドが表示されます。たとえば、時系列はデータが時間の経過とともにどのように変化するかをグラフで表示し、マップはデータ ソースで利用可能な場合は地理的な寸法を含みます。

そこから、表示されるデータを正確に調整したり、チャートのデザインをカスタマイズしたりすることができます。

グラフの種類をその場で切り替えて、どのグラフがデータを最もよく表しているかを確認することもできます。

カスタムテキスト、画像、ビデオ、または他のウェブサイトのコンテンツを埋め込むことで、レポートを次のレベルに引き上げることができます。

レポートにインタラクティブなコントロールを追加して、誰でも見ているデータをフィルタリングできるようにすることもできます。

また、日付範囲セレクタを追加して、特定の月や季節内の情報を表示することもできます。

これで完成です。接続されたデータ、強力なチャート、およびビューアコントロールがあれば、自動的に更新されるインタラクティブなレポートが作成され、最も関連性の高いデータを簡単に表示して共有することができます。

Introduction to Data Studio: Unit 1 Lesson 3

原文(YouTube文字起こしを利用)

Data Studio lets you set "edit" and "view" permissions for both reports and data sources, as well as set credentials to determine who can view the visualized data.

Let's start with report permissions. When you first create a report, only you have permission to view or modify it.

If you want anyone else to view or edit the report, just change the access permissions.

Data Studio provides three levels of report access permissions: Owner access gives you complete control over a report, including being able to delete it and choosing who can edit or view it.

Owners can also determine whether others can share download or copy report.

By default, the report creator has owner access, and there can only be one owner.

Edit access lets other people collaborate on a report.

Anyone with edit access can create or edit charts, controls, and other design elements within the report.

Want to work with other people to build your report? Just provide them with edit access, and they'll receive an email invitation to begin editing.

You can even edit simultaneously and see each other's changes in real time.
View access lets other people view and interact with your report.

They can hover for more details, filter the data, or change the date range, all without being able to make any changes to the report.

Data sources also have access permissions; these are independent from report permissions, but the process is similar.

Data source permissions also include owner, edit, and view access, and allows others to view or edit the data source fields.

Keep in mind that anyone with edit access to a data source might make edits that break existing reports, so share them with caution.

When you share data sources or reports, an email will be sent inviting others to view or edit the shared file.

If you change your mind, you can add or revoke access to any Data Studio report or data source at any time.

It's important to know that granting view or edit permissions to reports and data sources does not guarantee that users will be able to view the data in your report's charts.

Users can view chart data if they have access to the underlying data set, which is determined by the platform generating the data such as Google Sheets or Analytics.

If you share a report with someone who doesn't already have access to the underlying data set, you can select "Owner's Credentials" on the data source.

This will give anyone with view access to the report access to the chart data, as well. Your reports that use this data source can then be shared across your organization and even publicly on the web.

Remember, this still only applies to anyone who has the appropriate access permissions to view or edit a report.

The second option for data source credentials -- viewers credentials -- is more restrictive. Here, anyone who wants to view the chart data in your report needs to already have their own access to the underlying data set.

If someone is given access to a report referencing this data but doesn't have their own access to the data set, then the charts in that report would appear but not show any data.

Pick the option best suited to your needs.
But don't worry; if you change your mind, you can head back into the data source settings and adjust credentials at anytime.

With access permissions and data source credentials, you'll be able to
share your reports and your data simply and safely.

訳文(DeepL 翻訳を利用)

Data Studioでは、レポートとデータ ソースの両方に「編集」と「表示」の権限を設定したり、誰が可視化されたデータを表示できるかを決定するための資格情報を設定したりすることができます。

まず、レポートの権限について説明します。最初にレポートを作成したとき、レポートを表示または修正する権限を持っているのは自分だけです。

他の人にレポートを表示または編集させたい場合は、アクセス権限を変更します。

Data Studio には、3 つのレベルのレポート アクセス権限があります。所有者アクセスでは、レポートの削除、編集や表示ができる人の選択など、レポートを完全に制御することができます。

オーナーは、他のユーザーがレポートのダウンロードやコピーを共有できるかどうかを決定することもできます。

デフォルトでは、レポート作成者が所有者アクセス権を持ち、所有者は1人のみとなります。

編集アクセスは、他の人がレポートを共同で編集することを可能にします。

編集アクセス権を持つ誰でも、レポート内のチャート、コントロール、その他のデザイン要素を作成または編集することができます。

他の人と一緒にレポートを作成したいですか?編集アクセス権を与えれば、編集を開始するための招待メールが送られてきます。

同時に編集して、お互いの変更をリアルタイムで確認することもできます。
ビューアクセスでは、他の人がレポートを表示したり、レポートと対話したりすることができます。

他の人は、レポートに変更を加えなくても、詳細を表示したり、データをフィルタリングしたり、日付範囲を変更したりすることができます。

データ ソースにもアクセス権があります。これはレポートのアクセス権とは独立していますが、プロセスは似ています。

データ ソースのアクセス権には、所有者、編集、および閲覧のアクセス権もあり、他の人がデータ ソースのフィールドを閲覧または編集することができます。

データ ソースへの編集アクセス権を持つ誰もが既存のレポートを壊すような編集を行う可能性があることに注意してください。

データ ソースやレポートを共有すると、他の人に共有ファイルの閲覧や編集を促すメールが送信されます。

気が変わった場合は、Data Studioのレポートやデータ ソースへのアクセスをいつでも追加または取り消すことができます。

レポートやデータ ソースに表示または編集の権限を与えたからといって、ユーザがレポートのチャートのデータを表示できることを保証するものではないことに注意してください。

ユーザーは、Google SheetsやAnalyticsなどのデータを生成するプラットフォームによって決定される基礎となるデータセットへのアクセス権を持っていれば、チャートデータを表示することができます。

基礎となるデータセットへのアクセス権を持っていない人とレポートを共有する場合、データソースで「所有者の資格情報」を選択することができます。

これにより、レポートへのビュー アクセス権を持つ誰もがチャート データにもアクセスできるようになります。このデータソースを使用したレポートは、組織全体で共有することができ、ウェブ上で公開することもできます。

ただし、これはレポートの閲覧や編集に適切なアクセス権限を持つ人にのみ適用されます。

データ ソースの資格情報の 2 番目のオプションであるビューアの資格情報は、より限定的です。ここでは、レポート内のチャートデータを表示しようとする人は、基礎となるデータセットへのアクセス権をすでに持っている必要があります。

誰かがこのデータを参照しているレポートへのアクセス権を与えられたが、そのデータセットへのアクセス権を持っていない場合、そのレポートのチャートは表示されるが、データは表示されないことになります。

ニーズに最も適したオプションを選んでください。
もし気が変わっても、データソースの設定に戻って資格情報をいつでも調整することができます。

アクセス許可とデータ ソースの資格情報を使用すると、以下のことが可能になります。
レポートとデータを簡単かつ安全に共有することができます。

この動画を含むコンテンツを学習する

「データポータル入門」 ユニット1の日本語訳はこちら

「データポータル入門」 コンテンツ全体を確認するにはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう