データポータル入門解説動画 日本語訳(Unit2)

このコンテンツは、Googleが「データポータル」の基礎学習コンテンツとして提供している「データポータル入門(原題:Introduction to Data Studio)・ユニット2」解説動画の音声を和訳したものです。

オリジナルの動画に訳文を入れてアップすることも考えましたが、そこまでやると間違いなく著作権に引っ掛かるので断念しました。字幕のクオリティにゲンナリして学習を断念した方は、参考にしてみて下さい。

このコンテンツの閲覧は、パソコンを推奨します(モバイルだと原文と訳文が横並びにならないため)。

 ※【注記】:基本的に翻訳内容をコピペしただけです。ご利用の際にはあくまで自己責任でお願いします。

Calculated Fields in Data Studio

原文(YouTube文字起こしを利用)

Krista:
Hi there. I'm Krista , site analytics advocate at Google.
And today , I'm joined by Mary Pishny , who is a product manager on data studio.

Krista:
Thanks so much for joining us.

Mary:
Thanks for having me.

Krista:
Today , Mary is gonna tell us all about calculated field in data studio. so with that I'm gonna hand it right over .

Mary:
Perfect ! Krista , calculated fields In data studio are a really powerful feature .
Because they allow you to apply calculations on top of your data .
yeah , and that's on top of the data , as that comes in to us.

So once you create that calculation it's available for you and you don't have to go and refresh it .
It's just always taking into account incoming data mm-hmm

So there's actually two types of calculations that you can create.
One is data source calculated fields and one is chart level calculated fields .

And I'll go ahead and talk you through both of them and hop in and show you a demo as well so you can see how to create those and in the UI awesome.

So let's go ahead and take a look.
So what you're seeing on the screen is a data Studio report and we're in edit mode.

I've created a report here that's using data from a public data set that is actually looking at bike-share data out of Austin Texas.

So what you can see here on the screen is that I have a table that's showing me the start station name.
And then a count of how many rips happened at each station.

Now this is pretty cool but let's say that I actually want to understand the start station name as well as the in station name.

So I see that I have in station name as a field and my schema.
So I can go ahead and drag that over. this is great. I'll go ahead and make this a little bit easier to read.

But what if I actually wanted to create a field that had both of them will call it concatenated together , brought together.

So what I can do is I can come down here and say create new field. And this is going to create a data source calculated field.

And what that means is that this field will be added to the data source that I'm using and will be available to any other editor who's using that data source in a report or in other reports throughout data studio.

So I'm going to say we're gonna name this start , comma , end station , and I'm going to just do a simple kink at here.

So I'm gonna say kink at and this is similar to a spreadsheet tool where you can type a formula or function.I'm gonna say start station name.

And I like to make it easy to read , so I'll do a comma in between and then I'll say in station name and you'll see in the bottom left hand of the screen there's a little indicator telling me.
That is checking this formula , so it's checking to make sure that it's valid.

It looks good. here we'll go ahead and save it , and it'll check it one more time and that went ahead and saved.

So now if I look back at all filled in my data source , I'll see that I have start as an IND station name as available field in my data source.

So that means I can go over here , I'll see it now in my schema , and I can go ahead and drag that over onto my chart.

So let's also take a look at what we call chart level calculated fields. For that I'm gonna go ahead and switch to a new page in this report ,
and what we have here is the same set of data.

So it's still our Austin bike-share data.
And what I want to do is make some quick calculations.

That I just want to have on the fly , I don't necessarily want to make them available in the data source level.
Because I may not reuse them very much. But I want to have them available in this report.

So in this case I actually want to take our duration which is now in minutes and transform that into an hourly metric.

So I'm gonna go ahead and say create new field and I'm gonna say trip duration in hours.
And then I'm just gonna do a basic calculation here. I'm gonna say duration minutes divided by 60.

And what this isn't going to do is create this field available within this chart , and so I can quickly apply it , and we'll see this new field show up for us in our chart here.

So both are great options for you depending upon what you're looking for data source.
Calculated fields are persisted to that data source making them great for reuse chart level calculated fields are quick.

On the flight calculations plus added bonus is that they work on blended data.

So if you're trying to make a calculation on top of your blended data that chart level calculated fields the way to go.

But in either case are a really powerful tool for you to add addition value to your data and data studio. That's as easy as that.

Krista:
It really was as easy as that that was a few simple calculations.
And with that you got so much more value out of that data and visualizations that you can present to your stakeholders.

So thank you so much for sharing that with us.
And we hope you guys make use of this. Thanks.

訳文(DeepL 翻訳を利用)

クリスタ:
こんにちは。私はクリスタ、Googleのサイト分析の提唱者です。
そして今日は、データスタジオのプロダクトマネージャーであるメアリー・ピシュニーが参加しています。

クリスタ:
ご参加ありがとうございます。

メアリー:
お招き頂き有り難うございます。

クリスタ:
今日は、メアリーがデータスタジオの計算フィールドについて教えてくれます。

メアリー:
パーフェクト! クリスタ、データスタジオの計算フィールドは本当に強力な機能です。
データの上に計算を適用することができます。
データの上に計算を適用することができます。

一度計算を作成してしまえば、それは利用可能な状態になっているので、更新する必要はありません。
それは常に入力データを考慮に入れています。

そこで、実際には2種類の計算を作成することができます。
一つはデータソースの計算フィールド、もう一つはチャートレベルの計算フィールドです。

では、その両方を説明して、デモをお見せします。

それでは、先に進んで見てみましょう。
画面に表示されているのはdata Studioのレポートで、編集モードになっています。

テキサス州オースティンのバイクシェアのデータを調べている公開データセットからのデータを使ってレポートを作成しました。

この画面には、スタートステーションの名前が表示されています。
そして、各ステーションで何回リプされたかの カウントが表示されています。

これはとてもクールですが、実際にスタートステーションの名前とインステーションの名前を知りたいとします。

フィールドとしてインステーション名があり、スキーマがあることがわかります。
これはいいですね。先に行って少し見やすくしておきます。

しかし、実際に両方を連結したフィールドを作りたいとしたらどうでしょうか?

ここに来て、新しいフィールドを作成するとします。これはデータソースの計算フィールドを作成します。

このフィールドは私が使用しているデータソースに追加され、データスタジオ内のレポートや他のレポートでそのデータソースを使用している他のエディタが利用できるようになります。

ここでは、開始駅、カンマ、終了駅、そしてここに簡単なキンクを付けます。

これは表計算ツールに似ていて、数式や関数を入力することができます。

読みやすいようにカンマで区切って、駅名を入力すると、画面の左下に小さなインジケータがあります。
これはこの式をチェックしていますので、有効かどうかをチェックしています。

ここで、先に進んで保存してみましょう。

これで、私のデータソースに入力されたすべてのデータを見返してみると、私のデータソースの利用可能なフィールドとして、IND駅名としてスタートがあることがわかります。

つまり、ここにスキーマがあり、それをチャートにドラッグすることができます。

では、チャートレベルの計算フィールドと呼ばれるものを見てみましょう。このレポートの新しいページに切り替えてみましょう。
ここにあるのは同じデータです。

これはオースティンのバイクシェアのデータです。
私がやりたいのは、簡単な計算をする事です。

その場で計算したいのですが、必ずしもデータソースレベルでは利用できません。
なぜなら、私はそれらをあまり再利用しないかもしれないからです。しかし、このレポートで利用できるようにしたいのです。

この場合は、現在の分単位の期間を1時間単位に変換したいと思います。

そこで、新しいフィールドを作成して、旅行期間を時間単位で表示します。
そして、ここで基本的な計算をします。持続時間を60で割ったものです

これは、このチャート内で利用可能なフィールドを作成しないので、すぐに適用できます。

つまり、どちらもデータソースを探しているかに応じて、素晴らしいオプションです。
計算されたフィールドはそのデータソースに永続化されるので、チャートレベルの計算フィールドを素早く再利用することができます。

飛行中の計算に加えて、混合データでも動作するという追加ボーナスもあります。

そのため、混合データの上に計算を行う場合は、チャートレベルの計算フィールドを使用するのが良いでしょう。

しかし、どちらの場合も、データとデータスタジオに付加価値を加えるための本当に強力なツールです。それと同じくらい簡単ですね。

クリスタ:
本当に簡単ですね。そうすることで、データやビジュアライゼーションから多くの価値を得て、利害関係者に提示できるようになりました。

共有してくれてありがとうございました。
皆さんにもぜひ活用していただきたいと思います。ありがとうございました。

この動画を含むコンテンツを学習する

「データポータル入門」 ユニット2の日本語訳はこちら

 

「データポータル入門」 コンテンツ全体を確認するにはこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう