データポータル入門 Unit1日本語訳:データスタジオへようこそ

このコンテンツは、Googleが「データポータル」の基礎学習コンテンツとして提供している「データポータル入門(原題:Introduction to Data Studio)」のユニット1を「DeepL翻訳」を使って日本語訳したものです。

基本的に翻訳内容をコピペしただけですが、オリジナルコンテンツの横に並べて視聴すれば理解度は格段に上がります。ですので、パソコンでの閲覧がお勧めです。

「日本語バージョンが無いから、手を付けられなかった、、、」という方の参考になれば幸いです。

 ※【注記】:私は翻訳のプロではありませんので、ご利用はあくまで自己責任でお願いします。

「データポータル入門」コンテンツは下記URLをクリックすれば閲覧出来ます(要Googleアカウント)。

今回使用した「DeepL翻訳」は、他の翻訳ソフトに比べるとより自然な感じの日本語訳になると感じています。
気になった方は下のURLからアクセスし、一度使ってみて下さい。5,000文字以内なら無料で使えます。

1.1 Data Studioの概要

Data Studioの紹介

まずは、Data Studioの概要と、ビジネスの価値ある情報を見せるためにどのように活用できるのかをご紹介します。
Data Studioがどのように機能するのか、ビデオをご覧ください。

(下の動画は、コンテンツに埋め込まれているものと同じです)

 ※【注1】:動画の音声は英語のままですが、字幕を日本語に変更出来ます。動画右下の「設定(歯車状のアイコン)」→Subtitles/CC→Auto-translateとクリックして、「Japanese」を選択して下さい。

「字幕では何を言っているのかよく分からん!」…とお困りの方は、こちらを参考にしてみて下さい。

始める

他の人が共有したData Studioレポートを表示するには、ブラウザとインターネット接続が必要です。

レポートやデータソースを作成、編集、共有するには、Googleアカウントへのサインインが必要です。また、サポートされている国にいることも確認してください。

datastudio.google.comにアクセスして、Data Studioの利用規約とポリシーに同意してください。

さらに読む

・データスタジオでできること

・レポートギャラリーで他の人がやったことの例を見る

・データスタジオを利用するために必要なもの

次のレッスンでは、Data Studioの仕組みを学びます。

1.2 Data Studioの仕組み

データセットから始める

Data Studioを使用するには、まずデータセットから始めます。データセットとは、レポートを作成する情報を含む Data Studioの外部システムのことです。データセットには、2種類のデータが含まれます。

ディメンジョンはデータ・カテゴリです。値には、名前、説明、日付情報、またはカテゴリの他の特性を含めることができます。

メトリクスは、ディメンジョンに含まれる内容を測定します。データ・スタジオ・レポートのメトリクスは、合計、カウント、または比率などの形で集約されます。

データセットは通常、行と列で構成されており、テーブルの各行にはデータの1つのレコードまたはインスタンスが含まれています。

この例では、商品名は両方ともディメンジョンであり、販売する商品を記述または分類するためです。ディメンジョンは、集計されていない数値、日付、テキスト、およびブール値(真/偽)など、他の種類のデータであっても構いません。 販売数量はメトリックで、その行で販売された商品の数を表します。

このようなデータセットがスプレッドシートにある場合もあれば、Google Analytics、MySQL、Google Ads、またはパートナーのコネクタを介して利用可能なその他のプラットフォームなど、使用するプラットフォームによって生成される場合もあります。

商品名 販売数量
1 帽子 20
2 帽子 25
3 コート 35
4 コート 10
5 スカーフ 15

このようなデータセットがスプレッドシートにある場合もあれば、Google Analytics、MySQL、Google Ads、またはパートナーのコネクタを介して利用可能なその他のプラットフォームなど、使用するプラットフォームによって生成される場合もあります。

データの流れ方

データセットが決まったら、次は接続の準備です。
ビデオを見て、Data Studioがどのようにデータと連携するかを確認してください。

(下の動画は、コンテンツに埋め込まれているものと同じです)

 ※【日本語字幕表示方法】:動画右下の「設定(歯車状のアイコン)」→Subtitles/CC→Auto-translateの順にクリックして、「Japanese」を選択。

「字幕では何を言っているのかよく分からん!」…とお困りの方は、こちらを参考にしてみて下さい。

レビュー

これで、Data Studioにデータがどのように流入し、どのようにData Studioを通過するかを見てきましたが、以下のプロセスの主要部分を確認してください。

各ステップの後にある下向き矢印(↓)をクリックすると、次の項目に進みます※

 ※【注記】:デフォルトでは「データセット」しか表示されていませんが、矢印をクリックすると「データソース」から「チャート」までの各項目が表示されます。
データセット
データセットとは、収集した情報のことで、Google AnalyticsやBigQueryなどの別のプラットフォームで生成されたものや、基本的なスプレッドシートで収集されたものがあります。“データセット”とは、Data Studioの外にあるこの基礎となるデータを指します。
データソース
データソースは、データスキーマを Data Studio で表現したものです。ここでデータセットに接続し、Data Studio レポートで使用するディメンジョンとメトリックを選択します。
レポート

レポートは、様々なコンポーネントから構築された、あなたが作成した可視化です。ビジュアライゼーションをデザインした1つまたは複数のページで構成することができます。

また、レポートのスナップショットをPDFとしてダウンロードして保存し、オフラインでの閲覧、共有、印刷に利用することもできます。

チャート

チャートは、データソースのメトリクスやディメンションをさまざまな方法で表現するレポートの個々のコンポーネントです。時系列、棒グラフなどから選択できます。

レポートにチャートを追加すると、データソースからのデータが自動的に表示されます。この選択を編集して、必要に応じてチャートをカスタマイズすることができます。

ヒント:CSVファイルのアップロード

データセットが利用可能なコネクタでサポートされていない場合は、CSVファイルをData Studioにアップロードできます。このスプレッドシートを使用してGoogle Cloudでデータセットを作成し、そこからデータソースを作成することができます。

このアップロードされたデータを更新するには、追加のデータファイルをインポートして、Google Cloud上のデータセットに追加することができます。ただし、このデータは既存のデータに追加されるので、既存のデータセットにインポートする際には、重複を避けるために新しいデータのみをインポートするようにしましょう。

CSVファイルのアップロードについては、こちらをご覧ください。

さらに読む

・データセットの詳細

・Data Studioとデータの接続方法

・レポートについて

・日付と時間のデータでチャートを作成

次のレッスンでは、レポートを共有してデータを保護するためのオプションについて学びます。

1.3 アクセス制御

安全に共有する

Data Studioレポートを非公開にしたり、限られたグループで共有したり、世界中で共有したりすることができます。

Data Studioを使用する際に注意すべきアクセス設定がいくつかあります。

・「権限(Permissions)」は、Data Studioファイル、つまりデータ・ソースとレポートを誰が表示または編集できるかを決定します。
・「資格情報(Credentials)」とは、レポート内のデータを表示できる人のことです。

次のビデオでは、情報の安全性を確保しながら他の人とコラボレーションする方法について説明しています。

(下の動画は、コンテンツに埋め込まれているものと同じです)

 ※【日本語字幕表示方法】:動画右下の「設定(歯車状のアイコン)」→Subtitles/CC→Auto-translateの順にクリックして、「Japanese」を選択。

「字幕では何を言っているのかよく分からん!」…とお困りの方は、こちらを参考にしてみて下さい。

アクセス制御の見直し

確認するために、Data Studioには、データソースとレポートの2種類のファイルがあります。データソースはデータスキーマを表示および編集できる場所であり、レポートはビジュアライゼーションを構築する場所です。

各ファイルについて、他の人に表示または編集のアクセス権を与えることができ、その時点でそのファイルを表示または編集するためのリンクが記載されたメールが送信されます。

実際のデータを見ることができるのは、単にレポートの構造やデザインを見たり編集したりするだけではなく、データソースの資格情報によって管理されます。

データソースを最初に作成するときは、データセットに自分の資格情報を提供することで、Data Studioがそのデータにアクセスすることを許可します。これは1回限りの操作であり、アクセスを取り消さない限り、再度資格情報を提供する必要はありません。

他の人がレポートデータを表示できるかどうかを判断するには、データソースの資格情報設定には2つのオプションがあります。所有者の資格情報とビューアの資格情報です。

・所有者の資格情報では、データソース所有者の資格情報を使用して、他のユーザーがレポート内のデータを表示できるようにします。
・ビューアの資格情報では、ビューアがレポート内のデータを表示できるようにするために、データへのアクセス権を持っている必要があります。

設定を選択する

以下のそれぞれのシナリオについて、目標を達成するために取りたい行動を選択してください。「送信」をクリックして回答を確認してください。

 ※【注記】下記①~③について正しい答えを選択し、送信ボタンを押す。答えはご自身でお考え下さい。

①レポートのデザインを改善するためにチームメイトを招待したいとします。

・その人にレポートへのビューアクセス権を与えます。
・その人にレポートのURLを記載したメールを送る
・その人にデータソースへの編集アクセス権を与える
・その人にレポートの編集アクセス権を与える

②レポートを見ることができる人には、チャートでもデータを見られるようにしたいですよね。

・データソースでビューアの資格情報を選択する
・データソースで所有者の資格情報を選択します。
・各個人にレポートへのアクセス権を与える
・各個人にデータソースへの編集アクセス権を与える

③クライアントに実績報告書を送りたいのに、デザインやデータの変更ができないのは困りますよね。

・クライアントのビューからデータソースにアクセスできるようにします。
・クライアントにレポートへの編集アクセス権を与える
・データソースでビューアの資格情報を選択します。
・クライアントビューからレポートにアクセスできるようにする

さらに読む

・共有について

・レポートやデータソースの共有方法

・データソースの資格情報

次に、Unit1の重要な概念を復習し、知識を確認します。

ユニット1の概要

・Data Studioは、データからシンプルなレポートや複雑なレポートを作成するために使用できる無料のデータ可視化ツールです。

・さまざまなソースのデータをデータソースに接続して、Data Studioでレポートを作成することができます。

・Data Studioでは、接続されたデータセットに加えられた変更に基づいて、レポートを動的に更新することができます。

・スプレッドシートにデータがある場合は、CSVファイルのアップロードを使用することができます。

・Data Studioのレポートやデータソースの表示や編集に他のユーザーを招待して、コラボレーションを促進したり、インサイトを共有したりすることができます。

・データソースの資格情報の設定を変更することで、データの閲覧を制限したり、オープンにしたりできます。

続けてUnit1の評価を受けてください。Unit2では、Data Studioの仕組みをより深く理解し、インターフェースに慣れることができます。

評価1

 ※【注記】評価(テスト)は日本語でページが表示されましたが、一応設問だけ載せておきます。答えはご自身でお考え下さい。

1. Data Studioを使用する利点は何ですか?
(3つ選択してください)

・独自のデータを視覚化できます
・無料
・Web接続デバイスでアクセス可能
・追加のアトリビューションモデルへのアクセス

2.データセットの例はどれですか?
(2つ選択してください)

・GoogleAnalyticsやGoogleSheetsなどのGoogle生成データ
・CSVファイルに基づくデータソース
・DataStudioに直接入力された指標とディメンション
・アマゾンの販売データ

3. Data Studioでデータを接続した後、データセットの資格情報を手動で再度提供する必要がある頻度はどれくらいですか。

・レポートをロードするたび
・毎月
・毎年
・アクセスを取り消した場合のみ

4.どのタイプのコンポーネントをレポートに含めることができますか?
(3つ選択してください)

・テキスト
・画像
・チャート
・テンプレート

5. Data Studioに接続できる基になるデータを指す用語はどれですか?

・データセット
・情報元
・データ制御
・データの接続

6.レポートで同僚と共同作業するために、どのアクセス許可を同僚に提供しますか?

・レポートを表示できます
・レポートを編集できます
・データソースを表示できます
・データソースを編集できます

7.パブリックリンクを介してレポートを共有し、すべての閲覧者がグラフデータを表示できるようにするには、どのデータソース設定を選択しますか?

・ユーザーを表示するように招待する
・編集するようにユーザーを招待する
・所有者の資格情報を使用する
・視聴者の資格情報を使用する

8.データがDataStudioチャートに流れる順序は何ですか?

・データセット→データソース→レポート→チャート
・データソース→データセット→レポート→チャート
・コンポーネント→データソース→レポート→チャート
・データセット→レポート→データソース→チャート

9. CSVファイルからデータをアップロードしてGoogleCloudでデータセットを作成する場合、将来そのデータセットをどのように更新できますか?

・データの新しい行のみを含むCSVファイルをアップロードします
・すべての元のデータと追加データを含むCSVファイルをアップロードします
・データソースの[フィールドの更新]アイコンをクリックして、コンピューター上のファイルから変更を自動的にアップロードします
・データスタジオレポートのデータを手動で編集する

10.新しいレポートをすばやく作成するのに役立つ機能はどれですか。

・所有者の資格情報
・アクセスの編集
・テンプレート
・コントロール

他のユニットを学習する

「データポータル入門」 ユニット2の日本語訳はこちら

「データポータル入門」 コンテンツ全体を確認したい場合はこちら

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう