Test site setting(2018/12)

2018年12月に、テストサイトを準備して高速化テストを実施しました。
このコンテンツは、テストサイトに関する以下の項目をまとめたものです。

①テストサイトの概要
②サーバーやプラグイン等のセッティング
③使用テーマ

なお、WordPressのバージョンは「4.9.8」でテストを行いました。

1.コンテンツ概要

テストサイトのコンテンツ(固定ページ/個別投稿)概要は、以下の通りです。

1-①:固定ページ

固定ページの構成は、以下の通りです。

・Home
・Contents
・Sitemap
・about
・Contact

フロントページを「Home」、投稿ページを「Content」としました。
Sitemapとabout、Contactに記載した内容は、個別投稿と全く同じ(文字数、画像)。

1-②:個別投稿詳細(投稿数、内容等)

個別投稿は、テキストと画像6枚で構成しました。詳細は下記の通りです。

項目 詳細
文字数 1,771文字/1記事当たり
画像数 6(アイキャッチ含む)
公開済み 56
下書き 6

なお、投稿内に配置した画像の詳細を下表に示す。

no. 画像サイズ(Full)
eye catch_1 52.9 KB
eye catch_2 155.4 KB
file_1 66.9 KB
file_2 26.0 KB
file_3 49.6 KB
file_4 89.3 KB
file_5 89.9 KB

⇒アイキャッチは1or2いずれかを使用。投稿内のファイルは5つ全て使用しました。

1-③:その他(バナー)

実際のサイトでも頻繁に用いるバナーを設置。詳細は下記の通りです。

no. 画像サイズ(Full)
banner_1 154.4 KB
banner_2 81.9 KB
banner_3 64.7 KB
 ※バナーはトップページ2か所、サイドバー2か所で使用。

2.サーバー環境

使用サーバーは、エックスサーバー。

なお、エックスサーバーでは下表に示す高速化対策を無料で提供していますが、今回は「OFF」でテストしました。その理由は、「速度差の原因はサーバー環境の違い」という安易な結論を導きたくなかったからです。

設定項目 状態
PHPバージョン PHP7.0.30
.htaccess編集 無し(301リダイレクトのみ)
Xアクセラレータ OFF
mod_pagespeed設定 OFF
ブラウザキャッシュ設定 OFF

 

3.プラグイン

テストサイトにインストールしていたプラグインを以下に示します。

3-①:インストール済みプラグイン一覧

詳細は下表の通り。
有効化しているプラグイン数は9。無効が2となっています。

no. プラグイン名 状態 備考
1 Akismet Anti-Spam (アンチスパム) 有効
2 Edit Author Slug 有効
3 EWWW Image Optimizer 有効
4 Table of Contents Plus 有効
5 TinyMCE Advanced 有効
6 UpdraftPlus - Backup/Restore 有効
7 WP Code Highlight.js 有効
8 WP Multibyte Patch 有効
9 VK All in One Expansion Unit 有効 Lightning専用
10 Classic Editor 無効
11 TypeSquare Webfonts for エックスサーバー 無効

 

3-②:高速化に影響するプラグイン

・EWWW Image Optimizer

 【注記】「EWWW Image Optimizer」は、画像を圧縮するプラグイン。

4.使用テーマ

2018/12テスト時点で使用したWordPressテーマは、「Lightning」。
Lightningについて知りたい方は、下記公式サイトをご確認下さい。

テスト内容については、別途投稿します。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう