DIY WordPress Site-Basic

DIY WordPress Site-Basic

このページは、WordPressサイトの自作方法【入門編】のトップページです。
WordPressサイトを自作・開設するまでの必要項目を全10セクションに分類し、必要な項目に絞ってまとめてあります。

コンセプトは、「初期段階は広告費以外の外部コストを抑えて成果を出す」です。
最低限の費用でWordPressサイトを構築し、中身(コンテンツ)で勝負する。アクセスは自然検索に加え、広告を併用して集めます。余力があればSNSやYouTubeも活用していきます。

「自作」と言うとウェブサイトの外観を気にする人も多いですが、WordPressの現行エディター「ブロックエディタ―」を使えば、無料テーマでもそれなり以上のデザインに化けます(テストサイトがその証拠です)。

有料テーマやページビルダーを使うなり、業者に外注するなりしてより良いサイトにリニューアルするのは後でも十分可能です。まずはDIYで基盤を作り、浮いたお金を広告費に回す方が短期間で成果を出せます。

なお、このコンテンツは下記3つの前提条件を満たしているという前提で構成しています。

前提条件
①ウェブサイトで集客/セールスを始めるにあたり、一連のリサーチは完了している。
②ウェブサイトのコンセプト、及びメインオファーは固まっている。
③情報発信するメディアとして、ウェブサイトを使うメリットがあるという結論に至った。

これらの項目が固まっていないと、ここで解説する内容を踏まえてウェブサイトを作ったとしても、望むような成果が出ない可能性が高くなります。前提条件の詳細をどうしても知りたい、手助けが欲しいという場合は個別に相談して下さい。

コンテンツ一覧

参考資料

もっと詳しく知りたい?なら、こちらに参加して下さい。

このコンテンツに記載されている通りに作業を進めれば、素人でも成果の出るウェブサイトを作ることが出来ます。
でも…「もっと詳しく教えて欲しい」と思っていませんか?

もしあなたがそうお考えなら、そのご要望に完全無料でお応えします。今すぐ下のボタンをクリックして、詳細をご確認下さい。