Astraプラグイン一覧(公式提供・ブロックエディター用)

Astraを使ってみればお分かり頂けると思いますが、外観、機能とも実にシンプル。その代わり、多数の専用プラグインが用意されています。

最初からいろんな機能を実装しておくのではなく、ユーザーが必要と感じた機能を都度追加するという設計思想のようです。このあたりが国産テーマとは根本的に異なる点だと思います。

そこでこのコンテンツでは、AstraのベンダーであるBrainstorm Force社が提供しているブロックエディター用プラグインを紹介します。なお、結構な数なので現段階(本稿公開時点)では使い込めているとは言えません。必要に応じて加筆、または別のコンテンツをアップする予定です。

1. Webフォント関連

Astraは、デフォルトの状態でGoogle Fontsをサポートしています。フォントをダウンロードしたりサーバーにアップしたりといった手間が発生しないので、とても便利です。

ただ、フォントは重要なビジュアル要素。Google Fontsだけでまかないきれないこともあるはずです。そんな時には、下記プラグインの導入を検討してみて下さい。

Custom Fonts

サイトでカスタムフォント(=Webフォント)を使いたいときに便利なプラグイン。もっと具体的に言えば、Google Fonts/Adobe Fonts以外のWebフォントを使いたいときに使います。

このプラグインを使用すれば、カスタムフォントファイル (woff2、woff、ttf、svg、eot、otf) をサイトに簡単に埋め込むことが出来ます。

但し、このプラグインは特定のテーマやページビルダーのユーザー限定となっています。利用可能なテーマやページビルダーは下記の通りです。

利用可能なテーマ/ページビルダー
  • Astra Theme
  • Beaver Builder Theme
  • Beaver Builder Plugin
  • Elementor Page Builder

Custom Fontsの詳細は下記ページをチェック

Custom Adobe Fonts (Typekit)

サイトでAdobe Fontsを使いたいときに便利なプラグイン。

Adobe Creative CloudなどのAdobeユーザーなら、このプラグインを使うことで自分のサイトにAdobe Fontsを簡単に表示出来ます。

ただ、このプラグインも「Custom Fonts」同様、特定のテーマやページビルダーのユーザー限定となっています。利用可能なテーマやページビルダーも「Custom Fonts」と同じです(一応、記載しておきます)。

利用可能なテーマ/ページビルダー
  • Astra Theme
  • Beaver Builder Theme
  • Beaver Builder Plugin
  • Elementor Page Builder

Custom Adobe Fonts (Typekit)の詳細は下記ページをチェック

2. 編集補助関連

ここで紹介するプラグインは、サイトの編集時に使うプラグインです。

どんなサイトを作るかによってこれらのプラグインが必要か否かは変わります。あなたご自身が作るサイトに合っているかどうかを考えてみて、一度試してみるのが良いかもしれません。

Customizer Search

カスタマイザー内のウィジェットやメニュー(末端部分)を検索できるプラグイン。

残念ながら、日本語版ではこのプラグインの機能を完全に引き出せないと思います。と言うのも、例えば「ウィジェット」を検索したいとしましょう。実際に検索してみると「ウィジェット」と「widget」で検索結果に表示される内容が異なる。つまり、日本語版だと2度手間になる可能性が高いのです。

この問題は、恐らく使用言語が単一なら解消されるはずです。テーマもプラグインも英語版なら、便利さを実感出来るかもしれません。

Customizer Searchの詳細は下記ページをチェック

Lightweight Sidebar Manage

カスタムサイドバーを無制限で作れるプラグイン。

たとえば、WooCommerce のページでは、最新のコメントやブログの投稿よりも、関連商品や売れ筋商品のサイドバーの方が関連性が高いでしょう?

Brainstorm Force

…とBrainstorm Forceは言っていますが、デフォルトのままではウィジェットが少なく、調整機能もないのでせっかくの機能を活かしきれません。ウィジェットのカスタマイズが出来るなら、是非一度試して欲しいプラグインです。

Lightweight Sidebar Manageの詳細は下記ページをチェック

【余談】ちなみに、Cocoonは通常のウィジェットで特定カテゴリーの記事だけを表示可能です。国産テーマはこの辺の作り込みが細やかなんですよね。

Astra Hooks

ヘッダー/フッター等にPHPファイルをいじることなくカスタムスクリプトやショートコードを設置できるプラグイン。アナリティクス(Google Analytics)のトラッキングコードなどを埋め込む際に便利なので、Astraを使うならインストールを推奨します。

Astra Hooksの詳細は下記ページをチェック

3. Astra設定の変更/コピー等

ここで紹介するのは、カスタマイズ内容を別のサイトと共有したり、一括設定を行ったりする際に使うプラグインです。使用頻度はあまり高くないとは思いますが、これらの機能はランディングページやセールスページの量産時に役立ちます。名前と機能の概要は覚えておいて損しないプラグインです。

Astra Bulk Edit(Astra専用)

一度に多数のページ/投稿の Astra メタ設定を編集したいときに便利なプラグイン。具体的に何が出来るのかという疑問について、Brainstorm Forceはこう答えています。

いくつかの例:
 1. 複数のページからのページ タイトルを有効または無効にします。
 2. ページを全幅にします。

各ページ/投稿を開いて必要に応じて変更する手間を軽減します。

Brainstorm Force

上で示された例で言えば、ページ幅の一括変更などはあり得る話です。特に投稿は運営機関に比例して増えていくので、1ページごと変更していくというのは本当につらい作業です。そんな時にはこのプラグインのお世話になると良いかもしれません。

プラグインの詳細は下記ページをチェック

Import / Export Customizer Settings(Astra専用)

例えばコーポレートカラーやフォントなどが決まっている場合に、これらの設定をそのまま他のサイトに移設したいときがあります。そんな要望を叶えてくれるのがこのプラグイン。

メインのサイトとは別のドメイン(またはサブディレクトリ)にサイトを作る際、役に立つプラグインです。
詳細は、下記ページで確認出来ます。

プラグインの詳細は下記ページをチェック

Astra Customizer Reset(Astra専用)

ワンクリックですべてのカスタマイザー設定をリセット出来るプラグイン。

これは、さまざまなカスタマイザー オプションを試してテーマの力を試してから、最初からやり直したい場合に役立ちます。

Brainstorm Force

あちこちいじった後に、デフォルトに戻したいけど戻らない…となることは結構あります。そんな時はこのプラグインを使ってリセットするというのもアリだと思います。

※注記

【※注記】:但し、カスタマイズ内容をリセットした場合に「追加CSS」の中身がどうなるか気になります。検証を行い次第追記します。

プラグインの詳細は下記ページをチェック

4. 外観の編集(デザイン関連)

最後に、大本命と言えるデザインやテンプレートに関するプラグインを紹介します。

Astraを使ってページやサイトを構築するなら、Starter TemplateとUltimate Addons for Gutenbergは必須です。是非一度時間を取り、ゆっくりチェックしてみて下さい。

Home Page Banner for Astra Theme

ホームページ最上部(ファーストビュー)にバナーを設置できるプラグイン。他の固定ページや投稿には表示されません。

プラグインを有効化すると、カスタマイザー上でバナーの調整が出来ます。設定可能なパーツはテキストと背景、そして上下のパディングのみ。ボタン等、別なパーツを追加することは出来ません。

Home Page Banner設定画面。

今どきのテーマのほとんどが、ヘッダーやファーストビューにCTAを付けています。となれば、バナーで改めて何を訴求するのかを考えてから使う必要があります。選択肢の多さは閲覧者の混乱と離脱を招くからです。

よって汎用性が高いプラグインではないという印象を受けます。シンプルな構成ならマッチするかもしれません(例:Astra公式サイトの「価格」ページ)。

プラグインの詳細は下記ページをチェック

Astra Widgets

①住所、②ソーシャルプロフィール、③アイコンリストの3種類のウィジェットをサイドバーやヘッダー/フッターに設置できるプラグイン。表示例は下の画像をご覧下さい。

アドレスウィジェットの表示例
リストアイコンウィジェットの表示例
ソーシャルプロフィールウィジェットの表示例

いずれもシンプルなデザインなので、サイドバーよりもヘッダー/フッターに表示した方が良いかもしれません。と言うのも、ヘッダー/フッターには背景色を入れるのがほとんどだと思います。ご覧の通り、これらのデザインは背景に溶け込みやすいので、違和感を感じさせないからです。

Astra Widgetsの詳細は下記ページをチェック

Gutenberg Blocks – Ultimate Addons for Gutenberg

Gutenbergのブロックを拡張するプラグイン。ブロックは全28種類。

「28種類って多過ぎじゃない?」と思うかもしれません。しかし、このプラグインは必要と判断したブロックだけ有効化出来るという特徴があります。不要なブロックはDeactivate(非有効化)出来るので、ブロック探しに困ることはありません。

少なくとも、純正のブロックエディターには存在しないブロック(例:Call To Action、FAQ Schima)は、追加しておく価値があると思います。

プラグインの詳細は下記ページをチェック

ちなみに、このプラグインは下記サイトで1つ1つのデモや説明を見ることが出来ます。どんなブロックがあるのか事前にチェックしたいと思ったら、是非チェックしてみて下さい。

公式デモサイトはこちらから

Starter Templates — Elementor, Gutenberg & Beaver Builder Templates

プロがデザインしたテンプレートをインストール出来るプラグイン。

ページ単体はもちろん、サイト一式(主要ページ)のテンプレートをインストール出来ます。
そして、ブロックエディターのテンプレートを使ったページはかなり速い。3つのテンプレートで検証しましたが、全てPagespeed Insightsのモバイルで90点以上をマークしています(Webフォントを使っているにもかかわらず、です)。

Analyticsなどの外部リンクを貼っていないので実用段階ではこれ以下になるはずだが、それでも相当速いのは間違いありません。完全無料で使えるGutenbergテンプレートは全62種類でした(2021年6月時点)。

プラグインの詳細は下記ページをチェック

ちなみに、このプラグインも下記サイトで1つ1つのテンプレートを確認出来ます。テンプレートの利用を検討している場合は、このサイトが役に立つはずです。

公式デモサイトはこちらから

ウェブサイトは初心者じゃ作れない?いや、全然自作出来ますよ。

あなたが価値ある商品・サービスを提供している事業者なら、全くの初心者であってもWordPressサイトの自作は可能です。

最も速く、安く、完成度の高いサイトを完成させるために必要なポイントを完全無料で徹底解説。詳細は下のボタンをクリックして確認して下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう