Gmail エラー発生から復旧まで(2020年4月)

私の仕事用のE-mailは、Gmailで運用しています。
今まで問題なく使えていたのですが、2020/4/13に突然エラーメッセージが届くようになりました。この投稿では、私の利用環境で発生したエラーの内容と復旧方法をシェアします。

【問題】突然届いたエラーメッセージ。その内容は…

2020/04/13:Gmailに「メールの配信エラー」というエラーメッセージが届きました。
詳細は、以下の画像を参照下さい。

 


なお、上の画像では切れてしまっていますが、英語で下記のコメントがありました。

 

TLS Negotiation failed, the certificate doesn't match the host.

(このコメントがどこに表示されていたのかなど、詳細を確認したい場合はこの投稿のアイキャッチ画像を参照して下さい)

【現状把握】メール送信時にエラーが発生する模様

エラーメッセージ受信直後の状況を整理すると、下表の通りとなります。

メール受信 特に問題なし(エラーメッセージも届かない)
メール送信 エラーメッセージが届く
メールアドレス 独自ドメイン取得時に作成したアドレスが対象
利用サーバー エックスサーバー

エラーが発生したアドレスは、独自ドメイン取得時に作成したもの。Gmailを使って送受信していました。ちなみに、エラーメッセージが届いたメール返信先に電話連絡して確認したところ、返信は届いたそうです。が…このまま使っていて大丈夫とは思えなかったので、リサーチすることとしました。

【リサーチ結果】他でも同様のエラーが発生中

リサーチしてみると、他でも同様の問題が発生していることが分かりました。
興味のある方は、下記リンクから内容を確認してみて下さい。

①Googleコミュニティ

②Qlita

 少なくとも、私などより余程詳しい方々が対処法を書いていらっしゃるので、下記対処法で改善されない場合にはきっと参考になると思います。

【対策実施】

色々と試した結果、私の環境では下記の対策で復旧しました。

①エックスサーバーのマニュアル通りに再度設定を行う。

エックスサーバーは、取得したE-mailアドレスをGmailで利用するためのマニュアルを公開しています。
今回マニュアルを見直したところ、私の設定はマニュアル通りになっていませんでした(具体的な個所は、記録に残さなかったので失念)。そこで、マニュアル通りに再度設定を行いました。

エックスサーバーのマニュアルは、下記リンクからアクセス出来ます。

②該当アドレスを「エイリアスとして扱う」に設定

 

エックスサーバーのマニュアル通りに設定を変更するとエラーメッセージは出なくなりました。しかし、自分宛にテスト送信したメールが受信トレイに表示されなくなってしまいました。

そこで該当アドレスを「エイリアスとして扱う」に設定変更し、再度テストを実施。その結果、自分宛に送信したメールも受信トレイに表示されるようになりました。もちろん、他のアドレスから送信されたメールも受信トレイに表示されているので、これでしばらく様子を見ることとします。

【経過観察結果】問題発生せず。不具合解消と判断

2020/4/24:対策実施から10日経ちましたが、エラーメッセージが届くことはなくなり、メール受信/送信に関する問題も発生していません。よって私の環境下では不具合解消と判断します。

この投稿が、私と同じような状況に置かれている方の参考になれば幸いです。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう