最短5分でサイトが完成:Starter Templatesの使い方(Gutenberg編)

これは見出しです
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
Table of Contents

Astraは、ランディングページやセールスページ作成時にお勧めのWordPressテーマ。その最大の理由は、テンプレートを利用出来ることです。

但し、Astra本体にはテンプレートが同梱されていません。プラグインの追加が必要になります。そこでこのコンテンツでは、プロがデザインしたテンプレートを利用するためのプラグイン「Starter Templates」について解説します。

1. 何故、テンプレートが必要か?

私たち事業者には、ランディングページやセールスページを素早く・簡単に作れる状況が必要です。そのためには、テンプレートまたはページビルダーを利用する必要があります。

ページビルダーを使う場合は、多くの選択肢が存在します。Elementorの公式サイトには、サードパーティーが提供しているプラグイン(アドオン)の一覧ページがあるくらいです。

Get The Best Elementor Addons | Free & Paid:Elementor.com

ところが、ブロックエディター(以下、「Gutenberg」と表記)の場合は一気に選択肢が減ります。Gutenberg用のテンプレートを提供しているベンダーは本当に少ないです。

そして、デザインされたテンプレートは総じて表示速度が遅いという問題もあります。「遅いサイトは離脱者が増える」というデータが存在する以上、表示速度は速い方がいい。

「Starter Templates」は、これらの課題を解決するプラグインです。Gutenberg用のクオリティの高い、高速表示可能なテンプレートを無料で手に入れることが出来ます。

AstraとStarter Templatesの組み合わせは、Gutenbergユーザーにとって、まさに必須と言っても過言ではありません。次のセクションから、概要を解説します。

【※注記】:Starter TemplatesはElementor及びBeaverBuilderにも対応しており、これらのページビルダーを使っている場合でも、テンプレートやブロックを入手可能です。

2. Starter Templatesとは?

Astra用プラグイン:Starter Templates
Starter Templates(WordPressリポジトリ)

Starter Templatesは、AstraのベンダーであるBrainstorm Force社が提供しているプラグイン。WordPress管理画面上で入手出来ます。Starter Templatesの特徴(メリット)は下記の通りです。

  1. 多数のテンプレートが無料で使える。Gutenberg用テンプレートは全62種類(2021/6時点)。
  2. ページ単体でも、サイト一式(主要ページ)でもインストール可能。
  3. Gutenberg環境では、簡単な対策で高速表示が可能。

3. Starter Templatesの使い方

Starter Templatesはプラグインなので、まずはWordPress管理画面からインストールを行いましょう。テンプレートを使用するまでの一連の手順は、下記の通りです。

  1. プラグインを新規追加し、有効化する。
  2. 管理画面左側メニューの外観→Starter Templatesをクリックする。
  3. テンプレート一覧が表示されたら、ページビルダーを選択する。
  4. 使いたいテンプレートを探す。
  5. 使いたいテンプレートが見つかったら、「インストール」ボタンをクリックする。
  6. 初回利用時のみユーザー登録を要求されるので、登録を行う。
  7. テンプレートがインストールされる。あとはテキストと画像を編集すれば主要ページの出来上がり。

テンプレート選びに時間は掛かるかもしれませんが、プラグインの有効化からインストールまで、一連の手順は5分もあれば完了します。手順自体非常に簡単ですので、初心者でも安心して使えるはずです。

なお、Starter Templatesを使うにはユーザー登録が必要になります。でも、登録に必要な情報はメールアドレスと名前(ニックネームでOK)、テンプレートを使うサイトの用途やWordPressのレベルといったシンプルな項目のみ。登録しても定期的にメルマガが届くだけなので、心配は無用です。

4. Starter Templatesを使ってみた結果

Starter Templatesは、ハイレベルなデザインテンプレートを無料で使えるという素晴らしいプラグインです。特にGutenberg環境なら、表示速度もかなり速い。

Starter Templatesを使ったAstraのテストサイト(Gutenberg環境)をPageSpeed Insightsで計測してみましたが、結果は十分満足出来るレベルでした。詳細に興味が湧いたなら、下記コンテンツをご覧下さい。

Astra:時短と美しいデザインと高速化をもたらすWordPressテーマ

※【注記】Astra以外のテーマでも使えると説明されていますが、テーマによっては表示崩れ等の不具合が発生します。Starter Templatesを使う場合は、Astraとの組み合わせをお勧めします。

5. 公式サイト(WordPress.org/ベンダー公式サイト)

Starter Templatesは、Gutenberg環境でAstraを使っている方に強くお勧めしたいプラグインです。無料で使えますので、リスクはありません。是非1度試してみて下さい。

このコンテンツを読んで興味が湧いたなら、下記サイトも併せてチェックしてみて下さい。いずれも公式なので、詳しい情報やレビュー等を確認することが出来ます。

特に、「Starter Templates.com」ではテンプレートを実際に確認出来ます。自分好みのデザインがあるかどうか確認してから導入を決めたいと思ったなら、1度アクセスしてみて下さい。

Starter Templates 公式サイト他

1. Starter Templates:WordPress.org

2. Starter Templates.com(Gutenberg)


集客やセールスのスピードを上げたい。精度を上げたい…とお考えなら、出来ることは自分でやるのが一番です。 全てが難しい訳ではありません。あなた自身でやれることは、想像以上に多いものです。

当サイトのコンテンツは、あなた自身が出来る内容にフォーカスしています。 これらを活用して、売れるウェブサイトを作り上げて下さい。

もし、「そう言われても、本当に自分でやれるの?」と感じているのなら…STRATEGY SUPPLIERが運営する「Output STUDIO」に参加して下さい。

「Output STUDIO」は売れるサイトを作り、育てていくための訓練場であり、コミュニティです。 興味をお持ちなら、下のボタンをクリックして詳細をご確認下さい。

Recommends
あなたのメッセージやアイディアを形にする会員制スタジオ「Output STUDIO」がオープン。 ウェブページや動画など、ターゲットに届ける最終工程をしっかり形に仕上げ、顧客や見込み客に届けることが出来ます。 集客やセールスのスピード感が高まるので、数多くの施策を打てるようになります。また、都度外注するより圧倒的に安いので、コストの有効配分にもつながります。 「Output STUDIO」は会員限定での提供となります。詳細は公式サイトでご確認下さい。
Recent posts
これは見出しです
Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor
Table of Contents
集客やセールスの「資産とスキル」が手に入る制作室
集客やセールスのスピードと精度を上げ、無駄なコストを抑えたいとお考えなら、STRATEGY SUPPLIERが運営する「Output STUDIO」に参加して下さい。 低コストでウェブサイトという「資産」と、構築・運用「スキル」を手に入れることが出来ます。 「Output STUDIO」は、高品質なサポートを提供するため会員制とさせて頂いており、参加人数を制限しています。 募集状況など、詳細は下のボタンをクリックしてご確認下さい。
松浦 臣吾
松浦 臣吾
マーケティングプロデューサー/コピーライター。STRATEGY SUPPLIER在籍。神奈川県在住。継続性にフォーカスしたマーケティング戦略の立案と実践を得意とする。成長し続けるビジネスの設計図「Business Design Method」を公開し、ビジネスオーナーへの精力的なサポートを行っている。
関連コンテンツ
Wordfence WAFトラブル対応履歴(202112)

Wordfence WAF設定で発生したトラブル事例と、その対処方法を紹介します。WAFのエラーが出っぱなしでお困りのWordfenceユーザーの方には、このコンテンツが問題解決につながるかもしれません。

Read More »