ファイル圧縮/変換に役立つオンラインツール(現在4選)

コンテンツ作成を行っていると頻繁に直面する問題が、画像の圧縮や変換です。

  • クライアントや関係者にファイルを送ろうと思ったら、あまりにもファイルが重かった。
  • このファイル形式だと使い勝手が悪い。別な形式に変換したいんだけど、、、

こんな経験をしたことが1度や2度はあると思います。

そこでこのコンテンツでは、画像の圧縮やファイル形式を変換する際に重宝するオンラインツールを紹介します。
実際に私も使っているものばかりで、お勧め出来るツールばかりです。

 このコンテンツは、随時更新していく予定です。

1.TinyPNG/TinyJPG

PNG/JPEGファイルを圧縮してくれるツールです。
TinyPNG/TinyJPGとサイトは2つ存在しますが、どちらかのサイトをブックマークしておけばOK。
TinyPNGでJPEGも圧縮出来ますし、TinyJPGでPNGの圧縮も出来るからです。

ファイルの書き出し時に気を使ったつもりでも、Pagespeed Insightsなどの表示速度測定ツールでテストを行うと画像のサイズを圧縮しろという指摘が絶えません。しかし、TinyPNGで圧縮した画像ばかりを使っていれば画像のサイズに関する指摘は激減します。

WordPressプラグインも存在しますが、私は極力プラグインを使わない派なのでオンラインツールを愛用しています。
是非一度使ってみて、効果を確認してみて下さい。

TinyPNG

TinyJPG

2.PNG圧縮

TinyPNG/TinyJPGの唯一の欠点は、「無料版では5MB以上のファイルは圧縮出来ない」こと。

そんな時に役立つのがこのサイトです。操作方法は圧縮したいファイルをドラッグアンドドロップするだけの簡単操作。大きなファイルを圧縮しなければならないときには、このサイトがお勧めです。

ちなみに、1つ6~10MBのPNGファイルを圧縮したときの結果がこれ。圧縮率だけを見ると、Tiny PNGと同じくらいのパフォーマンスです。使えるツールだと思いますよ。

PNG圧縮

3.PDF圧縮ツール

名前の通り、PDFファイルを圧縮してくれるツールです。
操作は圧縮したいPDFファイルをドラッグアンドドロップ、あるいは選択するだけと実に簡単。

ファイルによって圧縮率は異なりますが、私の最高記録は80%削減。
元ネタはIndesignで作ったレポート(約2.4MB)。これが何と400KBまで圧縮されました。

Adobe PDF圧縮ツール使用例

PDF圧縮ツールの使用例。これは出来過ぎだと思うが、80%の容量削減に成功

困った時には試してみて下さい。

Adobe:PDF圧縮ツール

4.PDF→JPEG変換ツール

こちらも名前の通りのツールです。
操作もJPEGに変換したいPDFファイルをドラッグアンドドロップ、あるいは選択するだけと実に簡単。

ちょうど、ダウンロードしたらPDFファイルだったこのファイルを変換してみました。

PDFファイルの拡張子をJPEGにして別名保存した場合との比較は下記の通りです。

※このテーブルは、横にスクロールします。

保存形式 横幅(px) 縦(px) 重さ
別名保存 2,292 1,776 191KB
圧縮 1,024 794 112KB

別名保存時の45%程度にリサイズされました(ファイルによって異なるとは思いますが)。画質も悪くありません。ウェブサイトやSNSへのアップ、他の人との共有といった用途で使うなら扱いやすいサイズになりました。

Web上にアップしたい時など、PDFファイルを画像に変換したいと思うときはあるものです。
困った時には試してみて下さい。

Adobe:PDF→JPEG変換ツール

ウェブサイトは初心者じゃ作れない?いや、全然自作出来ますよ。

あなたが価値ある商品・サービスを提供している事業者なら、全くの初心者であってもWordPressサイトの自作は可能です。

最も速く、安く、完成度の高いサイトを完成させるために必要なポイントを完全無料で徹底解説。詳細は下のボタンをクリックして確認して下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう