WordPressテーマ スピードテスト(2021)

これは見出しです
Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.
Table of Contents

テスト実施(再開)の理由

1年ぶりに「WordPressテーマ スピードテスト」を再開したので、その結果を当サイトで公開していくこととします。再開理由は、下記3つの理由によります。これらは全て、今求められていることだからです。

  • 理由1:「DIY WordPress Site Basic」の公開/提供に際して、お勧めテーマの調査が必要となったから。
  • 理由2:WordPressの標準エディタが「ブロックエディター(Gutenberg)」に変わったから。
  • 理由3:ページビルダー(Gutenberg含む)の浸透により、よりデザイン性が高く、ユーザビリティの高いページが要求されるようになったから。

もう1つ付け加えると、当サイトが遅いのでは話にならないから。よって当サイトで使用中のテーマもテスト対象とします。

テストの結果を踏まえ、近い将来当サイトも含め運営サイトのWordPressテーマを変更する可能性があります。 なので検討対象と判断したテーマについては、断続的にテストを行っていく予定です。

基本方針

過去の経験上、スコアだけを追求すると泥沼にハマるリスクが高い。よって、言葉通り「表示速度」を最重要視します。

計測対象

計測対象は、デザインやリンクを多用する下記のページとします。

  1. トップページ
  2. LP(ランディングページ)

※固定ページや投稿はテキストと画像メインならそう重くなることはない。よって、上記以外のページは計測対象から外す(特筆すべき点があれば公開)。

使用ツール

計測ツールは下記2つを使用します。

  1. PageSpeed Insights:モバイル
  2. GTmetrix:LTE Mobile (15/10 Mbps, 100ms)接続

※1:Page Speed Insightsの「パソコン」は、広告を貼らなければ2秒台前半は簡単に出るので毎回は計測しない。基本は初回テストと最終テストのみ計測実施。


※2:モバイルの表示速度を重視するなら「Test My Site」を使えば良いのでは?と思ったかもしれない。確かにその通りなのだが、テストサイトは全てサブドメイン/サブディレクトリの為「Test My Site」では計測出来ない。よって、使用ツールから外している。

具体的な目標値

PC/モバイルごとの目標値、及び計測ツールのセッティングは下記の通りです。

PC

※このテーブルは、横にスクロールします。
測定ツール セッティング 目標値
Page Speed Insights Time to Interactive2.0秒以内
GTmetrix Unthrottled Connection Time to Interactive2.0秒以内、Fully Loaded Time2.5秒以内

モバイル

※このテーブルは、横にスクロールします。
測定ツール セッティング 目標値
Page Speed Insights Time to Interactive4.0秒以内
GTmetrix LTE Mobile (15/10 Mbps, 100ms)接続 Time to Interactive2.5秒以内、Fully Loaded Time5.0秒以内

【用語】

Time to Interactive(TTI)

閲覧者がページを操作出来るようになるまでにかかった時間のこと。GTmetrixによれば、 「(TTIとは)ページが完全にインタラクティブになるまでにかかる時間。 優れたユーザーエクスペリエンスは2.5秒以下です。」と説明されている。

Fully Loaded Time

完全ロード時間のこと。GTmetrixによれば、 「これは、FCPとOnloadがトリガーされた後の最大時間であり、最後の要求がキャプチャされた後、ネットワークとCPUがアイドル状態(それぞれ5.25秒)になっています。」と説明されている。

「そもそもの基準が分からない…もう少し詳しく知りたい!」とお考えなら、下記web.devの記事がお勧めです。この記事は、Page Speed Insightsの監査項目詳細としてリンクされているものです。英文なので、翻訳しても若干読みづらい部分はありますが、Googleが何を重視しているのかがよく分かります。

ユーザーを中心としたパフォーマンス指標: web.dev

【参考】TTIメトリック(Lighthouse)

(秒単位)色分け
0〜3.8緑(速い)
3.9–7.3オレンジ(中程度)
7.3以上赤(遅い)
【出典】「インタラクティブへの時間」web.dev

テストサイト概要

サブドメイン/サブディレクトリ上にテストサイトを作成してテストを行います。概要は下記の通りです。

※このテーブルは、横にスクロールします。
項目 詳細 備考等
固定ページ 5ページ  
LP 1ページ 動画埋め込み
投稿 15ページ ダミー投稿。内容は同じ
外観 可能な限り同一とした。装飾は各テーマ独自のものを優先 例:ボタン
プラグイン 可能な限り同一とした。 詳細は各テーマのテスト結果に記載
埋め込み Wistiaの動画(4:34)、Googleアナリティクスのトラッキングコード LPのみ

テストしたWordPressテーマ

テストを行ったWordPressテーマと、テスト結果へのリンクです。

1. DIVER

WPテーマ スピードテスト2021_DIVER:DIY WordPress Site

2. Cocoon

WPテーマ スピードテスト2021_COCOON:DIY WordPress Site

3. Lightning

WPテーマ スピードテスト2021_LIGHTNING:DIY WordPress Site

Recommends
あなたのメッセージやアイディアを形にする会員制スタジオ「Output STUDIO」がオープン。 ウェブページや動画など、ターゲットに届ける最終工程をしっかり形に仕上げ、顧客や見込み客に届けることが出来ます。 集客やセールスのスピード感が高まるので、数多くの施策を打てるようになります。また、都度外注するより圧倒的に安いので、コストの有効配分にもつながります。 「Output STUDIO」は会員限定での提供となります。詳細は公式サイトでご確認下さい。
Recent posts
これは見出しです
Lorem ipsum dolor sit amet consectetur adipiscing elit dolor
Table of Contents
集客やセールスの「資産とスキル」が手に入る制作室
集客やセールスのスピードと精度を上げ、無駄なコストを抑えたいとお考えなら、STRATEGY SUPPLIERが運営する「Output STUDIO」に参加して下さい。 低コストでウェブサイトという「資産」と、構築・運用「スキル」を手に入れることが出来ます。 「Output STUDIO」は、高品質なサポートを提供するため会員制とさせて頂いており、参加人数を制限しています。 募集状況など、詳細は下のボタンをクリックしてご確認下さい。
松浦 臣吾
松浦 臣吾
マーケティングプロデューサー/コピーライター。STRATEGY SUPPLIER在籍。神奈川県在住。継続性にフォーカスしたマーケティング戦略の立案と実践を得意とする。成長し続けるビジネスの設計図「Business Design Method」を公開し、ビジネスオーナーへの精力的なサポートを行っている。
関連コンテンツ
Wordfence WAFトラブル対応履歴(202112)

Wordfence WAF設定で発生したトラブル事例と、その対処方法を紹介します。WAFのエラーが出っぱなしでお困りのWordfenceユーザーの方には、このコンテンツが問題解決につながるかもしれません。

Read More »